アクセス解析
最近の記事
DIMG0756.GIF (08/18) 1時近辺に外す訳。
DIMG0756.GIF (08/16) こんな格好ではなくて、
DIMG0756.GIF (07/24) あとは、足!!
DIMG0756.GIF (07/12) 治療時間が押しまして。
DIMG0756.GIF (07/11) 明日、解禁!・・・か?
DIMG0756.GIF (07/05) 無様だよなぁ。
DIMG0756.GIF (05/10) 2・3年ぶり?遠的。
s-l5-4.gif

2016年02月15日

備忘録:弓構えの時の手の内。2

「力を入れない」「握らない」「柔らかく」ってよく言われるけど。
当時は、
「えー、力いれなきゃ弓持てないじゃん。」「握らなきゃひけないじゃん」「柔らかくって??」って思っていたけれど。

数年前やっとこなんとなくわかった。
表現の仕方なんだよね。
言葉尻通り捉えてたもんだからものすごく回り道してた。(^-^;

「力を入れない」ってのは、弓を持つ必要最低限の力以外入れないってこと。

そう、例えば「鉛筆を持つ」「傘を持つ・さす」「コップを持つ」などそんな程度の力でいいのだ、弓構えの時点では。
この時点で余計な力いれて手の内を作ろうとすると、そこから「打ち起こし」「大三」「引き分け」と徐々に弓の抵抗力がかかりそれなりの力がかかってくるのに、プラス弓構えのときの余計な力で手の内ガッチガチになっちゃう。
それにつられて勝手も負けないように力が入っちゃう。
結果手先で引くことになる。

もう、弓構えの時点で力んでいるからそのあとはどこをどうしようと直せない。
大三で的中が決まるっていうのはこういうことかと思った。
ここでいくら調整しようが、所詮無理な話。土台が崩れているから。
あとは小手先で中てるしかない。

手先(手首から上)で引くと、

●引き分けがしっかり収まらずからだの前で引いてしまう。

●手先の力で引くから、弓に対して力負けしてしまうので早気になる(会で保っていられない)場合もある。

●離れで押手が曲がる(後ろに折れる、打ち上げた感じのカックンってなる)

●肘(特に右)を痛めやすい。

●残心の形が悪い。

・・・はい、全部自分です。(/o\)
でも、そういう観点からいろいろ他の人を見ていると割りと当てはまる人が少なくはない。

と、言うわけで。
まず弓構え時の左右の手の内について研究することに。



※あくまでも個人的な見解ですのでぜったいこうだっていうわけではありません。

posted by かおきちくん at 11:36 | Comment(5) | TrackBack(0) | 弓魂講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

ダメ出しに風邪。

突発性難聴もだいぶよくなり、めまいの薬だけ飲んでます。

それよりも、喉がずっと痛くて。たまにフラフラして。青っぱなで。
でも熱も咳もでないんだけど、ホント喉が半端なくて、あーんしてみたら真っ赤っか!!
くしゃみすると喉が痛い。
極めつけは、木曜に道場行ってお土産の赤福いただいたらイガイガで荒れている喉に引っかかってマヂやばかったッス。
お餅とかをのどに詰まらせるっていうのってこういう感覚なんだと思っちゃったり・・・。
この日もチョーシ悪くて一手3回でギブ。
まぁ、1本はいい感触のあったからいっか。

で、金曜日。
少し調子よかったんで道場へ。
でもちょいフラフラ。
と思っていたら、高校生に見てくださいと頼まれたので見てたら、ほかの高校生のも一緒に見ることになって。
結局一手しかできなかったけど、頭痛いのが辛くてギブ。

あとは高校生の指導。
結構つま先で取りかけてる子が多いみたいで。
引き分け、特に受け渡しのときに肩線崩れたり手先でひいていたりで。

だもんでまずは弽のさしかたかたと肩甲骨の使い方、肩線の重要性から指導。
帰るころには、最初に気になっていたところが随分とよくなってたわ。
あとはしっかり体に覚えこませてね。

で、昨日。
いよいよ調子悪くて午後から早退(半日有給)、いつもの薬をもらうついでにかかりつけの病院へ。
結果はインフルでなく一安心。
風邪も、「薬どうする?」っていわれて
「喉が異常に痛いんですけど」
っていって、喉見てもらったら「あー、これはひどいわ」ってことで5日でよくなるよって薬もらってきた。
さすが先生!今日のお昼にはくしゃみしても喉が前ほど痛くない!!
あとは頭痛だけ。
今日はすべての予定キャンセルで引きこもりです。

早く、今研究している手の内を完成させたい!!


タグ: 練習
posted by かおきちくん at 16:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | お稽古ナ日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月02日

スタスタ歩くって素晴らしい。

昨日の経過診察でほぼ正常値に戻ったので、回数減らして(3回から2回)あと1週間薬のんでなんともなければダイジョブだって。

でも、原因がわからないけどストレスや疲れも関係するから気をつけるようにとのこと。
前回は、病院いったの遅かったんで3ヶ月くらいかかったけれど、今回は「あ!これはもしかして!!」って言う瞬間があったのですぐ行きました。
やっぱ早ければ治りも早いのね。

でも、目眩はまだ若干残るので目眩止めの薬を多目に出してもらいました。
「目眩したときとかに調整して飲んでください」
「都度ってことですね。
・・・でも目眩ってよくわかんないんですよ」
っていったら、
「絶対わかるって」
と先生が。
「いやぁ、普段からちょいちょいくらっと来るときあるからなれちゃったみたいで」
「そんなのになれたらダメだから」
「今回も帰宅して階段上って向き変えるときとか家でもちょいちょいあったから心霊現象かとおもってて・・・(父なくなったから)」
「いや、違うから」
「あと、お腹空きすぎてくらくらしたのかなぁと・・・」
「ちがいます。目眩です。目眩の原因はストレスが関係するから気をつけるように!今回は3年空いたけど前回は1年だったしいつ発祥するかわからないからね」

心霊現象と空腹のせいと思っていたのに違ったのか・・・。
最後のほうは、先生も看護師さんも「ぷっ!」って笑ってたわ。

目眩の薬は頓服として持ち歩こう。
しばらく一日3回飲むか。
20160202140216481.jpg



posted by かおきちくん at 14:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | 普通ナ日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする